HOME > 充放電試験装置 > 製品特性

充放電試験装置

製品特性ProductProperties

■ 自動校正

  • 自動校正装置を使用して充放電ボード単位で校正が可能。
  • 自動校正装置を貸出し可能のため、充放電試験装置を設置したまま校正が可能。

■ 高速サンプリング

  • 最小サンプリング時間2msec。
  • 最小CP/CR充放電制御周期5msec。

■ ワイドレンジ高精度

  • ボリュームレス方式(無調整回路)を採用。
  • 電圧電流共にF.S.±0.05%の高精度を実現。
  • CC-CV切り替え時にオーバーシュートの発生なし。
  • 電流設定、電流測定レンジ共に2段階のオートレンジを採用。

■ 自由なシステム構成

  • 全チャンネル完全独立動作。
  • チャンネル数の増減があってもサンプリング速度に影響なし。
  • 多数の電流レンジの充放電ボードをラインナップ。
  • 電流レンジの異なる充放電ボードを混在可能。
  • 増設で数1000CHの評価システムの構築が可能。

■ ネットワーク対応

  • 充放電条件の設定/制御/データ処理をホストコンピュータ上で一括して操作可能。
  • 複数のホストコンピュータをネットワーク上に配置すると、複数の作業者が同時に作業可能。

■ 安全対策

  • 温度、電圧、電流、容量等の充放電試験時における様々な異常により充放電試験をチャンネル単位で停止。

■ 停電対策

  • 充放電試験中に停電が発生しても停電復旧後に試験再開が可能。

■ メンテナンス

  • 充放電ボード単位での校正修理が可能。

■ オプション仕様

  • 恒温槽同期運転、AC-IR測定(1kHZ)、膨らみ測定、参照電圧測定の各オプションに対応。
  ページの先頭へ